【WPプラグイン】 JetpackのMarkdownってどうやって使うの?

      2016/05/27

JetpackがサーバーのCPUをかなり使っているので機能を絞ろうかと思っていたところ、なんかよくわからないMarkdownという項目があったので、調べてみました。

…要するに、Markdownを有効にしておくと、タグを記号で表せるよということらしいです。
詳細は、こちら

個人的に便利そうなMarkdowsは、次のとおり。
画像は、WordPressの「メディアを追加」から入れるからMarkdownは不要かな。
あと、表組があればいいのにね。

■見出し

Markdown:

# Header 1
## Header 2
### Header 3 
#### Header 4 ####
(視認性をよくするためうしろに#つけてもいいみたい)
##### Header 5 #####
###### Header 6 ######

HTML:

Header 1

Header 2

Header 3

Header 4

Header 5
Header 6

■強調

Markdown:

*Emphasize* _emphasize_
**Strong** __Strong__

HTML:
Emphasize emphasize
Strong Strong

■インラインリンク

Markdown:

A [link](http://how2ch.info "Top").

HTML:
A link.

■Bullet Lists

Markdown:

* Item
* Item
- Item
- Item

HTML:
* Item
* Item
- Item
- Item

■Numbered Lists

Markdown:

1. Item
2. Item

HTML:
1. Item
2. Item

■Mixed Lists

Markdown:

1. Item
2. Item
   * Mixed
   * Mixed  
3. Item

HTML:
1. Item
2. Item
* Mixed
* Mixed
3. Item

■Blockquotes

Markdown:

> Quoted text.
0> > Quoted quote.

> * Quoted 
> * List

HTML:

Quoted text.

Quoted quote.

  • Quoted
  • List

■Code(`:SHift+@)

※このテーマでは、あまり代わり映えしないようです。
Markdown:

This is code

HTML:
This is code

■Code block

※このテーマでは、あまり代わり映えしないようです。
Markdown:

~~~~
This is a 
piece of code 
in a block
~~~~
```
This too
```

HTML:

This is a 
piece of code 
in a block
This too

■構文強調表示

テーマによっては、あまり見栄えが変わらない場合があります。
そういう場合は、wp-highlight.jsを入れると、変わるかも。
Markdown:

```css
#button {
    border: none;
}
```

HTML:

#button {
    border: none;
}

まとめ

テーマによっては、見出し程度しか使えないかも?
ショートコードの中に含めるとほぼ機能ません。
機能すれば便利なだけに、微妙です。

 - WordPress, WorfPressプラグイン

クラウドソーシング「ランサーズ」 クラウドソーシング「ランサーズ」